動画でご紹介いたします

ご紹介文

はい、皆さんこんにちは、東京コードの三上です。今回はこちらの商品の開発の秘密についてお話しします。

まずこちらですが、これは何の製品かわかりますか?

USBケーブルとHDMIケーブルというのがおわかりになる方もおられると思います。でも、このコネクターの両側に耳のような物がついてますよね。ちょっと特殊な形状です。

実はこれ、液晶テレビの背面・裏側について映像や音声を伝送するケーブルなんです。具体的に説明すると、ビジネスや旅行で宿泊するホテルには必ずテレビが設置されておりますよね?

実はホテルの壁に取り付けてある液晶テレビの裏側にこれらのUSBケーブルとHDMIケーブルが接続されております。このようなネジロック付きタイプにして壁の中に埋め込むことで、室内もすっきりして見栄えがよくなり、煩わしいケーブルの取り回しもなくなります。当初のお客様よりのご依頼は次のような感じでした。

現行の仕入れ先が生産停止となり、エンドユーザー様への供給が止まるリスクが出てきました。お客様より同等品の開発が出来ないか?という相談があったのが始まりでした。

それに対して弊社は、現行メーカー製での課題点や問題点もこの機に一緒に改善事項として織り込んで開発してみてはどうですか?というご提案をさせていただきました。

無料見積りなので、ここまではもちろん無料でご対応させていただいております。それから見積りを提出し、お客様に納得いただけましたので開発が正式に始まったという感じです。開発に関しては苦労した点がいくつかありまして、その代表的なポイントをご説明いたします。

まず一つ目。日程が限られているため、短期間でいかにして垂直立ち上げを行うかが課題でした。依頼を出すと、すぐに出来ますと言って実際には出来ずに納品までもなかなか辿り着けない事例もままあります。

これは当社の自慢になってしまって恐縮なのですが、ここまでの技術のあるものを短期間で立ち上げることの出来るのは、本当に指折りの会社しかないと思います。

次に二つ目ですが、以前のメーカーさんの物は、液晶テレビの背面のキャビネットにダイレクトに取り付けられる仕様ではありませんでした。このため、工事業者が都度板金を調達して、まず板金に一度取り付け、その後にその板金を液晶テレビの背面に取り付けておりました。

このため、当社はこの課題解決案として、「液晶テレビの裏側に直接取り付けられる」仕様の製品でした。三つ目ですが、コネクタ両脇のネジ穴がついている耳のような箇所、既存品は非常にやわらかくて変形しやすく、工事の時に取り付けもしづらい仕様でしたので、変形することのないような仕様の実現でした。

納品した後はお客様からこんなことを言われました。しっかり納期を守ってしかもやや早めに、そして性能アップした物を納品いただけて非常にありがたく感じています。

特に工事業者さんよりは、余計な板金取り付けの手間と工賃がなくなり、本当に楽になったという声がありました。それに、コネクタの耳の部分が以前はふにゃふにゃして取り付けに手間がかかっていたのですが、しっかりした硬さで成型されているので、そのまますっとネジ取り付けが出来るようになりました、助かりました、という声もありました。

今後も引き続きご協力願えればと考えております。宜しくお願い致します。ありがとうございました。お客様にこのように喜んでいただいて、本当によかったと思います。今後も同じように開発秘話をどんどん動画でお話ししていきますので、宜しくお願い致します。ありがとうございました。担当の三上でした。

 

 

パネルマウントUSB/HDMIケーブル

会社案内ダウンロード

こちらから、最新版の会社案内をダウンロードできます。
(PDF形式のファイルを開くためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。)

8 + 9 =

※スパム防止のため半角で計算式の回答をお願いします。

パネルマウントUSB/HDMIケーブル